雪の女王は戦馬と駆ける

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n6544cq/

国を攻め陥とされた王女が、国のため、己のために敵国へ嫁ぐおはなし。

まず嫁ぐまでが長いのですが、そこにたどり着くまでの葛藤が大事。
視点が一話ごとに変わり、それぞれの思惑を浮き彫りにします。

個人的に楽しみにしているのは、「お気に入りの嫌いなキャラ」(笑)が、
濃くも重く渦巻く陰謀に飲み込まれてしまうこと…。

腹黒いひとたちばかりが出てくるから、
ついついこちらも腹黒くなってしまうのでしょうか(笑)




金枝を折りて

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n4706cr/

まさに正統派のファンタジー。
いわゆる「なろう系」ではありません。

主人公は意思が強く、信念を曲げず、
ちょっとしたところで毒づいてしまうような人間味にあふれています。

文体が非常に整っていて、
王様や王妃様の居振る舞いからは、文字を通して高貴さが伺えますし、
ちょっと軽薄な印象の祭司様からは、飄々とした空気が零れてくるよう。

自分のテンポではなく、文字の調子に合わせてゆっくり読みたくなりました。
現在連載中です。

後宮管理人の苦悩

小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/N4068BW/


未完作品。序盤でとまっている状態です。

中身は(いまのところ)タイトルのまま。


期間限定王妃の冒険

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n1360ca/


煌びやかな妹の陰に隠れがちなお姉さんが
期間限定で王妃になったんだけど。

日陰者、だけどやっぱり主人公、という、
なろう作らしい作品。


王女ファビオラのたくらみ

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n8294be/

王女さまが、双子の王子のために奮闘するおはなし。

物語そのものは王道なので、
そのぶん主人公の心理に集中できます。

心の機微、気付き、がとても繊細に描かれていて、
読んだ後は自分も少し成長できたような気になりました。



(仮)悪役王妃の役割

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n7181bn/

ストレートにタイトルを解釈してたのですが、方向性がちがってました。
ウルトラ天然王妃さまによるハイパー天然ギャグでした。

きゃっきゃうふふーという、ほんわかラブに
読んでてツッコミたくなること間違いなし。

ボケキャラや天然キャラが圧倒的多数を占める中、
要所に配置されたツッコミキャラが心のオアシスとなってくれます。
特に息子の王子さまが高機能で、ボケ、ツッコミ、被害受け、根回し、配慮とほとんど万能。

まああの家族じゃしょーがないか(笑)


本編終了後は視点や時代を切り替えたお話しが続いているのですが、
どちらかというとこちらの方がツッコミの切れ味も鋭く、好みでした。


王妃《マリーベル》の一生

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n2331bd/

属国解消のため憎き敵国に嫁いだ王女様が処刑されるまでのお話し。
全体的に暗く、重苦しいのですが、そんな作品を読みたい気分のときにお勧め。

それにしても、ここまで、ものすごく、随所が「惜しい」小説も珍しい。


まずPCサイトの画面の色がちょっと見辛い(そこかよ)
わたしはケータイで読んだので気付きませんでしたが、
ずっと画面を見続けるのが辛いかも…。

それから、こちらの小説は冒頭に「結末」を描き、本編は過去を振り返るという形がとられているのですが、
一話一話の終わりに「現代視点」が入ります。
これは一話がある程度の長さがあればいいのですが、短いがために、どうしても余分に感じたり。
読みやすさのため、数話置き程度にして欲しいなぁ…。

あと王様の意図がいまいち分からん…。

他にも細々と気になるところがあるのですが、
それでもついつい読んでしまう設定美(過去が決まってる)(救いようがないという一貫性)と、
文章運びがあって、なんだかんだで気がつけば最新話でした。

小説でも漫画でも、ここが気になる!というのは直していただけるならそれに越したことはないのでしょう。
でも、それ「ああああここが惜しいいい」という、悔しさというか! 地団太というか!
それを含めてこの作品に魅力を感じているのであって!
と、力をこめて解説したくなる。


いままで色々な小説を読んできたけど、こんなにももどかしい作品は初めてだなぁ。


野に咲く花のように

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n8806t/

このどこかで一度は聞いたことがあるタイトル。
恋愛色の濃いやつ読みたかったので、読み始めてみました。

主人公は、よくある不幸境遇。家族に恵まれず、運に恵まれず。
だけどあるとき、状況は一変! 
あれよあれよとシンデレラ!
というストーリーです。

だけどここまで徹底して、主人公の人柄が周囲に受け入れられるどころか
魅了魔法でもかかっているのかと言いたくなるくらい可愛がられるのは
逆に珍しいかもしれません。

あと王様との逢瀬は砂を吐きました。
一度や二度では済みませんでした。


時計士

サイト とお
http://www.occn.zaq.ne.jp/too/novel/clock/top.htm


絶対音感ならぬ絶対時間?をもった、時間を利用する時計士の少年が
か弱い女の子に出会って変化していくお話し。

少年と少女の視点を行き来する形でつづられているので、
ふたりのすれ違いがもどかしいというか、納得できるというか…

最後は大団円。
にっこり、ではなくて、えへっと笑う女の子のような物語です。

愛されぬ王妃と唯一の恋

サイト 小説家になろう
http://ncode.syosetu.com/n8165bv/


謙虚な主人公、不幸な境遇。
どこかで読んだ覚えのあるエピソードばかりなんだけど、
登場人物にちゃんとそれぞれの役割が割り振られてて、

洗練された無駄のないストーリー運びです。

うるうるしちゃうし! きゅんきゅんする!

王子かわいい!
王子かっこいい!!


嫌がらせを受けると、「大切な人のために」とか「本性が出る」と
いった理由で豹変する主人公というのは多いのですが、
こちらの作品は主人公の性格にブレがなく、そのぶん、感情移入しやすかったです。


このカテゴリーに該当する記事はありません。