炊飯器で作る簡単バナナケーキ




ツイッターでこんなの見かけたので作ってみました。

[材料]
絹豆腐150g
バナナ3本(ちょっと黒い)
ホットケーキミックス150g
たまご2個
砂糖40g

[作り方]
①絹豆腐を念入りにつぶす
②バナナをそこそこつぶす
③材料を全部混ぜる
④5合炊きの炊飯器に材料を投入→炊飯スイッチオン



ケーキクーラーがなかったため、唐揚げ用の奴で代用

結論から言うと、圧力炊飯器を使ってはいけません


炊飯が終わった後、竹串で刺したらまだ生焼けだったので、もう一度炊きました。
しかしこのままもう一回炊飯が終わるくらいの時間をかけると焼け過ぎてしまう…ということで
途中で炊飯を終わらせ、とりだすことにしたのです。

ところが、蓋が開かない。(←ロックがかかってる
調べたところ、開けたらヤバイ。(←爆発の恐れあり
炊飯スイッチを強制終了し、開けられるようになるまで待つこと15分…





・゚・(ノД`;)・゚・ フビン…!



上手く出来た方は美味しかったです。
一人で食べるには量が多いのが難点。
おすそわけなんかで食べきりましたが、かなり好評でした
(甘いものが得意じゃない人も美味しいって言ってた!)



ネックレスホルダー

BEFORE





AFTER





ネックレスホルダー。…ほるだーなのかどうかはさておき。
市販の宝石箱はネックレスをかけられず数に上限があり、また
宝石箱の大きさに応じて、かけられるネックレスの長さにも限りがあるので、

せっせと自作してみました。
所用時間はせいぜい15分。

もともと、八年ほど前にも同じものを作って使っていたのですが、
最近、コルクボードの裏抜けが気になって気になって仕方がなかったので、
コルクボードを買い換えようというところから始まりました。

といっても、
近所のお店の店頭で売っているものは、安価な、コルクの薄い商品ばかり…

「値段は高くていい、裏抜けしないものを!」と思っていたら、
Amazonで発見しました。



レビューを見る限りでは、周囲の枠に少々難があるようですが、
床に置いて利用するので私的には無問題。

実際に購入して手元で見ると、四隅がカクッカクで、
うっかり足にでも落としたら大怪我してしまいそうな感じだったので、
ここはちょっとヤスリがけでもしたほうが良さそうでした。

裏抜けに関しては、大満足!

ネックレスをかけているピンは、セリアで購入した
大型のチェスピンなのですが、大きい分、針も長いのに、
辛うじて抜けはありませんでした。

つまり普通の押しピンなんかなら、絶対に裏抜けしたりしないってことで。

店頭のコルクボードと比較するとお高いけれど、
個人的な使用目的に対するコスパとしては良かったです。


ちなみにかかっているネックレスの約7割は
往時、オリジナルネックレスに邁進しておられたRain Drop Beads さんから購入したもの。

いつか、華々しく復帰なされるのを心待ちにしていたりします。


新たなるステージへ

レンジが壊れました…
温めてくれないんです…


だから新しいレンジが来ました。
スチーム機能とかついているし、温め温度まで選べるし、
焼けるし蒸せるし なんだこの有能っぷりは!!

そんなわけで取扱説明書を読んでいたのですが
最近の取説は半分くらいがレシピに費やされているのですね。

ハンバーグとか塩サバとか、スイーツとかスイーツとかスイーツとか
写真つきで掲載されていて、しかもどれも材料さえそろえば
簡単に作れそうだったので、思い切って作ってみました。


プリン!

作るのは難しそうなイメージがあったものの、
卵と牛乳が常備されているうちの冷蔵庫と非常に相性が良かったため、ほぼ即決。

ちなみに今回のプリン作りのために購入したアイテムは、
バニラエッセンスと計量スプーン(エ?


【材料】
牛乳 400g
卵黄M玉5個分
砂糖60g
バニラのさや 1/2本

計量スプーンを買ったからには本の通りに!

…と行きたいところなのですが、うちのたまごはL玉だし
バニラのさやじゃなくてバニラエッセンスなので、
アレンジせざるを得ず(しくしくしく…)


卵黄M玉5個 → 卵黄L玉4個
バニラのさや1/2 → バニラエッセンス少々×2

にて代用。


~~~♪♪(おもちゃの兵隊)♪

まずはカラメルソースから。

上記材料とはまた別に、
砂糖50g
水 大匙2
これを小さい鍋で煮て……


……これって、べっ甲飴じゃん!(←料理初心者ですから。

煮て、べっこう飴っぽくなってきたところに、
湯 大匙1を投入。

これをプリンの容器に入れます。



次にプリン本体。

1.牛乳とバニラエッセンスを混ぜてレンジで温める
800wのレンジで3分ほど。
牛乳の温度は70度くらいになります。

2.卵黄と砂糖を混ぜる

3.温めた牛乳を2.と混ぜる

4.こす


……こす Σ( ̄ロ ̄lll)!?!?!?


ここここここすなんて高等技!
道具もないし!
こすっていったらアレでしょ!? 布巾なんかでやるんだよね!?
ええええ!? どどどどどうしよう! どうし…………

ふとその目に、コーヒーミルやらコーヒー豆やらが映りまして。




代用。



しかし失敗しました。
フィルターの目が小さすぎた模様。詰まる、詰まる。

それでもなんとかこしました。




なんかそれっぽいものができたよ!?


5.そして焼く。
180度9分ほど余熱したレンジへ投入し、30分後…





意外と美味しそう!





そして、意外と美味しかった。
私のことだからバカなヘマをしてプリンの外見をしたナニカになるのではないかと
びくびくしていたんですが、普通にプリンでした。


ちょっと甘かったので、次は砂糖を減らします。
あと、バニラエッセンスはもっと多くてもokみたい。

また作ろう。




鬼灯



作ったのは私ではありませんが(笑)

一週間くらい水に浸かっていたなぁ~と思ったら、
オレンジ色のドレスが少しずつ剥がれ落ちて、
いつの間にかこんなお姿になられていらっしゃいました。

葉脈?が意外と硬くてしっかりしています。

もう季節なんですね~。
ちなみに鬼灯というと、
CLAMPのHOLICに出た甘露を思い出します。うぃ~


性懲りもなく続けてます




ホットケーキミックスから作れる! という気軽さが、
私に継続の力を与えてくれています。

前回のレシピから、2gづつ増減させたりして改良に改良を重ね、
いまではよりクッキーらしくなってきました!(エ?

いまはだいたい、粉50gに対し、牛乳、バターともに12gほど。
メープルシロップを味付けに使用する場合、
意外とシロップに水気が多いので、牛乳を9gから10g程度にしています。

それから、薄く伸ばして焼く。こうすると、サクッとしたクッキーに。
厚みを持たせて焼くとカントリ■マ■ムのように外サクッ中フワになるので、
その辺は食べる人のお好みで、といったところでしょうか。
私はサクサク派ですが。




ホットケーキミックスひと袋(150g)で、おおよそこのくらいのクッキーが出来上がります。
最近ははちみつを混ぜて作るのがお気に入り。

おかげで電子レンジの使い方も上達しました。


たのしいおりがみ




ド■モの広告(わりと硬め)で作られた折り鶴。
両手の平よりも大きくて存在感があります。

普通の紙よりも三倍くらい(当社比)硬い紙なので、型崩れの心配もなし。
ロゴや写真がいいかんじな絵柄に。

どんな紙でも、ときにはティッシュでも遊べるのが
おりがみのいいところ。

スコーンが食べたい!!

とつぜんハッ! と
スコーンが食べたくなりました。

けれど買うにもいまいち気が乗らず、作ることにしました。

といっても、料理もまともにできない私が
お菓子作りなんてうまくできるはずもないし
手間とかかかりすぎると面倒になってやめてしまうので

かぎりなく 簡単! 早く! 味はそこそこ!
という条件でレシピを検索。

小麦粉やら薄力粉やらを計量するのも億劫なので
ホットケーキミックスを使って製作しました~!



【本来のレシピ】 は、
ミックス200g
牛乳50ml
バター50g

なのですが、ミックスが一袋150gだったため、対策として
また、実験ということで

【アレンジレシピ】
ミックス50g
牛乳16ml (ただし計量カップのメモリ不足で目分量)
バター16g (スプーンにくっついたりして過不足が)


 強 行 ★


オーブンは予熱170度
焼き時間はおよそ17分







スコーンというよりクッキー ぐはっ


味は なにもしなかったせいかすごーくシンプルで
どちらかというと物足りず…。

このあと、戸棚に収納されていたミルメークを投入し
第二作目を作りましたが、
これもまたいまいち冴えず。


まだまだミックスは残っていますし
レシピは簡単だし
なにより ようやくオーブンの使い方を覚えたので! (エ?

また作りたいと思います。
リベンジじゃ~!

封筒デコ 黒シール×白封筒



【使用シール】
100円均一 販売


---------------------------------------------
白と黒のコントラストが強烈で
印象に残りやすい封筒になりました。
右はじのシールの上に切手を貼る予定。
もう少しシールを下にすべきだったか。

製作時間3分


今年もまたこの季節が



今年は約150枚。
(もちろん家族分含)
去年よりも少なく済みそうです。

問題は、どれだけ印字ミスを少なくできるか。
毎年心がけているのに、どうしてか絶対に2、3枚は出ちゃうんですよね…。

トレーシングペーパーでぽち袋



【使用ハンコ】
シアニックナチュール販売


【使用インク】
バーサクラフト フォレスト
バーサクラフト チェリーピンク
バーサクラフト リアルブラック


---------------------------------------------
インクが乾くのに15分ほどかかりました。
いままでで一番おもしろかった。

このカテゴリーに該当する記事はありません。